背中ニキビ 漢方

背中ニキビを治す漢方薬

背中は顔と違って、普段見ることもないので、ニキビができていても気づかないことも多いと思います。でも、そのまま放置していると、気づいた時には背中じゅうにニキビができているという事態になりかねません。

背中は顔に比べ代謝も緩やかで、一度ニキビができると治るのにも時間がかかります。そこで活躍するのが漢方です。漢方薬は、自然治癒力を高めて、体の内面から健康にしてくれます。背中のような手の届きにくい部分のケアは一人では難しく、またニキビの治りも遅いため、漢方薬の力を借りて新陳代謝を高めましょう。

背中ニキビの原因は顔にできるニキビと同じで、ホルモンバランスの崩れや胃腸機能の低下といったものが引き金になります。ですので、外からのケアだけでなく、漢方を使って内面から改善することも同時におこなっていきましょう。

背中ニキビに効く漢方薬

背中ニキビのように症状が長引くニキビには、十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)や、消風散(ショウフウサン)のような炎症を抑える作用のある漢方薬がお勧めです。十味敗毒湯は日本人が考案した漢方で、炎症を抑えるだけでなく、湿疹・膿みにも効果があります。

漢方は、肌の表面のケアだけでなく、体の内側から綺麗にしてくれます。ニキビを根本から経つなら、漢方がオススメです。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識