漢方 ニキビ

ニキビを治す漢方薬 十味敗毒湯

ニキビを治す漢方薬に十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)があります。十という文字が使われている通り、キキョウ、サイコ、センキュウ、ブクリョウ、ボクソク、ドクカツ、ボウフウ 、カンゾウ、ケイガイ、ショウキョウという10種類の薬草が使われています。

江戸時代から解毒や湿疹、蕁麻疹などの薬として使われてきました。これらの薬草には血管を広げて血行を良くし不要な物を排出して皮膚をきれいにしてくれる成分や、皮膚の炎症を抑え化膿を止める働きをする成分が含まれています。そのため皮膚が清潔になりニキビが出来にくくなったり、炎症を防ぎニキビが悪化するのを防いでくれます。

漢方薬は体質によって同じ症状でも向いている薬が違います。十味敗毒湯に適した体質は虫刺されが赤く化膿しやすいタイプで、ニキビも赤く腫れてしまうタイプに有効です。また体が弱っている場合は用いず、体力が中程度の人に使います。また十味敗毒湯はアトピー体質の改善やアレルギー体質、湿疹や水虫などにも効果があります。

暑がりで緊張すると顔が赤くなるタイプの人は清上防風湯、筋肉質で冷えのぼせや肩こりがあるタイプの人は桂枝茯苓丸加ヨクイニンの方が体質にあっています。

病院で治療を請けると、薬でニキビの菌を殺菌し治します。それに比べると十味敗毒湯などの漢方薬は今できているニキビを治す他、体の内側から体質改善をしてニキビが出来にくい体質にしてくれます。
服用は1日のうち2回~3回、食前、もしくは食間の空腹時に行ないます。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識