漢方 ニキビ

ニキビを治す漢方薬 桂枝茯苓丸加薏苡仁

漢方薬の場合、似た症状でも「証」によって処方が変わるため、ニキビに効果がある漢方薬も、体質タイプによって異なります。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)は、比較的体力があり、血の流れが悪い人のニキビに効果がある漢方薬です。

のぼせて足が冷えやすい人、肩こりのある人、下腹部に抵抗圧痛のある人、ニキビがフェイスラインやおでこに出来やすい人におすすめです。ニキビの他、生理不順、しみ、手足のあれに効果があります。

漢方では、肌が何らかの原因で塞がれると、「水」と熱が排泄されなくなり肌トラブルが起こると考えます。肌に「水」や熱がたまると、「血」が滞るため、シミなどの色素沈着や肌あれを起こします。桂枝茯苓丸加薏苡仁は、身体を温めて「血」のめぐりをよくし、余分な「水」を排出してむくみを取って、痛みも取ります。

飲み方は、1日3回1パックずつ食前に飲みます。少量のお湯に溶かして飲むと、吸収がよくなって効果的です。牛乳やお茶で飲むと、効き目が弱くなることがありますので注意が必要です。急性の場合には症状が続く間、慢性の場合には2~3ヶ月を目安に飲み続けます。

桂枝茯苓丸加薏苡仁は、加薏苡仁(ヨクイニン)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、桃仁(トウニン)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)がその成分です。ヨクイニンには利尿作用があり、肌荒れに効果があります。ケイヒには発汗作用・のぼせを治す作用、シャクヤクには筋肉のこわばりを取る作用・鎮痛作用、トウニンには月経調整作用・血液循環作用・古い血液のうっ滞を取る作用、ボタンピには血液循環促進作用があります。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識