ホルモンバランス ニキビ

ホルモンバランス崩れをただす漢方薬

スキンケア方法や化粧品を変更していないのにニキビができてしまったり、肌荒れを感じた時は、ホルモンバランスの乱れに注目してみるといいでしょう。

ニキビができる原因は肌が乾燥しているということにもありますが、食生活の乱れや生活環境の乱れ、ストレスからくるホルモンバランスの乱れが原因であることも多いです。

こういったホルモンバランスの乱れを改善するには、規則正しい生活に戻すということも大事ですが、ホルモンバランス崩れをただす漢方薬を取りいれるのも最適です。

漢方は冷え防止などにもよく利用されますが、冷えというのは体の血の巡りを悪くしてしまいますし、肩こりや腰痛の原因にもなります。そういった体調不良がホルモンバランスの乱れにつながるので、漢方を用いて体質改善していくのもいいでしょう。

漢方に使用されている成分は植物由来のものも多く、自然の治癒能力を大事にしているものがほとんどなので最適です。

ニキビは内側から治すということも大切なので、スキンケアだけでは対応できないような時は漢方の力に頼ってみましょう。

漢方は通信販売でも購入することができますが、値段も様々なので、まずは大量購入はせずに、お試しサイズの少量のものを試してみましょう。苦みが強く継続できないような時は種類を変更することも大事なので、自分の好みに合わせて選んでいくといいでしょう。

一度ホルモンバランスが崩れてしまうと立て直すのが大変なので、漢方を利用するなら長く続けていくことも考えましょう。

ホルモンバランスの乱れに効く漢方

ホルモンバランスを整える効果がある漢方薬は、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)が挙げられます。生理痛や腰痛にも効果があります。

ニキビを治す漢方薬 当帰芍薬散

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識