便秘 ニキビ 漢方

ニキビの要因「便秘」を漢方薬で解決

便秘はニキビの要因になります。便秘になってしまうと、身体から毒素が排出されなくなってしまいます。そのため、毒素が身体の中にたまってしまい、ニキビや吹き出物となって出てくるのです。

大腸や直腸の働きがおかしくなってしまっているものは機能性便秘といい、これが慢性になったものが常習性便秘です。生活習慣の乱れやストレス、年を重ねたこと、運動不足などによって、大腸や直腸の働きがおかしくなってしまい、排便が滞ってしまいます。

この症状を改善する方法は色々とありますが、その中のひとつに、漢方治療があります。漢方治療はゆっくりと身体を改善していくものです。そのため、ニキビの要因の便秘にも効果があるのです。

便秘を治す漢方薬

色々な種類の漢方薬があります。幅広く使われているものは、大黄甘草湯(ダイオウカゾウトウ)、調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)などです。腹部に皮下脂肪が多い人の場合は、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)、生理不順にもなっていてホルモンの影響も原因だと考えられる場合は大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンビトウ)などを服用します。コロコロとした便しか出ない便秘の場合は、潤腸湯(ジュンチョウトウ)麻子仁丸(マシニンガン)などの漢方薬を使うことが多いです。

このように、ニキビの要因である便秘は、漢方薬で解決することが出来ます。自分の症状を確認した上で服用するようにしましょう。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識