漢方の特長

漢方薬は西洋医学と対をなす、東洋医学の観念から利用されているものです。古代中国の文献をもとにして、複数の生薬を混ぜ合わせて作られます。

大きな特長としては、西洋薬よりも副作用が少ないという点があります。西洋薬は化学的に合成された人工薬であるため、病気に対する効果は強力なものの、副作用がでやすいというデメリットを持ち合わせています。

一方の漢方薬だと、それぞれ特長のある生薬を複数混ぜ合わせて作られますので、病気に対してだけでなく、副作用の症状にまで働きかけて抑えてくれるというよさがあります。

また、西洋薬とは違い、薬だけに頼らない力を持っていることも、注目すべき特長です。
漢方薬は身体の不調に働きかけてくれますが、同時に本来人が持つ、自然治癒力を高める効果を期待できる存在でもあります。そのために薬としての効果はとても緩やかで、負担をかけずに、健康な身体へと導いてくれるサポート的な役割を備えています。

病院にかかるほどではない、身体の不調にも使えるのが漢方薬のよさです。

例えば女性に多い冷え症は、病院で治療を行うという話が殆ど聞かれません。原因がはっきりしないがゆえに悩む人が大勢存在しますが、身体の冷えは東洋医学の世界では治療の対象になります。

貧血やホルモンバランスの崩れなど自律神経の乱れが冷え症に関係しているとされ、この症状に対応する漢方薬が用意されています。

漢方薬は西洋医学では対応できない症状を緩和させるために、病院でも利用されることの多い、信頼のおける存在です。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識