漢方の歴史

自然にから生み出される植物などを活用して人の体を治療する「漢方」は、非常に長く、ユニークな歴史を有しています。

そもそもこと日本において医学のはじまりとなったのは、古代中国で創始された「中国医学」です。
この中国医学は5~6世紀ごろに日本に伝わってくることとなりますが、中国医学と現代日本において活用されている漢方は全く異なるものです。

平安時代ごろに中国医学をベースとしつつも日本の独自性を追求した医学書が編纂され、鎌倉時代以降にはそうした動きがさらに活発化され、民衆にも広がっていたことが確認できます。

そうした中、現代における漢方のベースが出来たのは江戸時代のことでした。

中国医学の歴史において特に重要であった「陰陽五行説」と呼ばれる説を完全に撤廃した新たな医学が、山脇東洋と吉益東洞という二人の医師によって創始され、山脇東洋は実践的・科学的な手法から、吉益東洞は「万病一毒論」という思想から、それまでの中国医学とは異なる方面による医学へのアプローチを始めたのです。

その後にはオランダから伝わる「蘭学」を応用した思想を提唱する本間棗軒、華岡青州ら二人の医師が日本医学をさらに高みへと昇華させ、1800年代中ごろにようやく、浅田宗伯という医師が「漢方」を確立させ、今日まで保存される基盤を形成しました。

その後西洋医学が伝来したことによって一時漢方は衰退を見せますが、人の治癒力を根本的に向上させる漢方の思想は、現代において大きく再評価されることとなりました。

今日、わたしたちが使う漢方にはこのような長い歴史があったのです。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識