漢方 ニキビ

ニキビを治す漢方薬 桃核承気湯

ニキビは思春期だけではなく、大人にもできます。ニキビができる原因は、年齢や性別、体質、生活週間などによって様々ですが、大人ニキビの場合は特に、生活習慣や体の内面からの改善が必要となってきます。体の内面を改善させるには漢方が効果的ですが、ニキビを治すための漢方薬として桃核承気湯(とうかくじょうきとう)があります。

桃核承気湯は、便通が悪かったり、顔にほてりがあったり、月経不順などの症状がある人が飲むと効果的だとされています。便通が悪かったり、ホルモンバランスが崩れて月経不順が起こっている方、血行不良などはニキビの原因となります。

桃核承気湯の効果は多岐にわたります。例えば、便秘や肩こり、月経不順、痔、急性大腸炎などに効果があるとされます。桃核承気湯は桃仁、大黄、桂枝・桂皮、芒硝、炙甘草によって構成されています。なお、子宮を収縮する作用があるとされておりますので、妊娠している女性は飲まないようにとされています。

桃核承気湯の飲み方ですが、基本的には、胃に食べ物が入っていない状態に飲むこととされています。しかしながら、症状によっては、異なる飲み方が指示されることもあります。例えば、胃が荒れやすい人の場合には、ごはんを食べた後に飲むと効果的とされています。桃核承気湯の副作用として、胃の不快感や吐き気、食欲不振、下痢などが報告されています。また、漢方は体質によっては合わない場合がありますので、体に不調が出た場合には服用を中止し、医師等に相談する必要があります。

amazonで漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

症状ごとに効果のある漢方薬

漢方の基礎知識